『できる☆』が育つ家/現し木造と隠し木造






隠し木造は、選択外






名ばかりの木造住宅






木=裏方=構造材










木の顔が見えない





木の良さを殺している

 

現し木造住宅

木を現しで使うこと、それが住みややすさと日本の家の鍵となります。


  

木を活かすつくり

住まいは、永年慣れ親しんだ自然素材を多用するのが一番。木は構造材・仕上げ材として優れてます。


A 木は乾燥が大切

木は、乾燥状態ほど強度が増します。木は、湿潤状態では腐朽菌や白アリを呼びます。木は、動く空気によって乾燥を保ちます。耐久性を見える状態で確認できます。


B 木の良さに寄り添う

120~150㎡の住宅で25~30m3の木を使います。
①木は吸放湿性に優れる・・・屋内の温湿度の調整に大切。
②木は保温性に優れる・・・高断熱の家でも夏や冬に窓を思いっきり開けたとき、屋内の蓄熱性の良さはすぐに元の状態を回復します。


C エイジングを楽しむ

一本づつ違う木肌、木目、節。堅さと柔らかさの同居。時間が経ち焼けて益々味わいを醸し出す色。拭いて、磨いて、其々の風情。ともに永くそばにある。

隠し木造住宅

この40年、木を隠すつくりに突っ走ってきました。98%の戸建て住宅が、隠し木造です。


木を隠すつくりの住宅

ハウスメーカーの家
2×4の家
建売り住宅
多くのビルダーの家


名ばかりの木造住宅

木を使うのは、構造材として安い、という理由からだけです。木の文化とか云々は、空々しい宣伝文言です。一度内外覆われた構造材は、壊すまでどうなっているか確かめようがありません。


隠し木造大壁造りとは

柱を隠し、連続する壁に仕上げるのを大壁造り、といいます。伝統的には蔵に見られ、明治以降は洋館づくりにありました。現在の大壁造りは、コストダウンの手段のみになっています。
一枚の大きな平坦な壁は魅力です。木を活かす方向が要ります。

  

TOPへ

  
Copy Right Sousekkei Co.,Ltd. Since 1989
Sousekkei co.ltd   4-5-18-202,Taikou,Nakamuraku,Nagoya,aichi,japan
TEL 052(485)6078  FAX 052(451)3177