脳が喜ぶ住まい "成長"の家づくり


気の流れ

家づくりの4つの柱


建築は、「用・強・美」といって、「機能・強度・美しさ」を求められます
住環境は、「安全性・保健性・利便性・快適性」の面から大切にします
住まいは、使い易さ・コスト・管理し易さといった実用の面が重要です
またイメージ・らしさ・雰囲気といった精神性や心の部分も関係します
私たちは、家づくりに4つの柱を基本において進めています

『気・流の家』の提案
1. 天と地や自然の大きな気をイメージ
2. 人の気・家族の気を育み感じられる
3. 建築の気を感じ、息遣いが聞こえる
4. 心地よい空気のサーキュレーション
建築主にはさらっと説明して、こっそり空間づくりで悶々とする1&2
今までの生活スタイルの変更を伴い、説明も結果でしか難しい3&4
永く『気』の流れを感じる家、です



▼天と地の気 ▼ 人の気
天と地の気の図 人の気の図
▲気息=呼吸 ▲空気の流れ


Back Top Next
(株)綜設計: 名古屋市中村区太閤4-5-18-202
TEL 052(485)6078
関連サイト 空中庭園をもつ吹抜けマンション